どうしてこの脱毛機が選ばれる?

ケツ毛・肛門の毛のデメリット

お尻の表面や肛門周辺に毛がビッシリと生えているとどんなことで困ることが多いのでしょうか?困らないにしても何かデメリットはあるのでしょうか?代表的な例として

 

  • 人前で裸になるのが恥ずかしい
  • 彼女が嫌がる場合
  • トイレの時
  • 汗をかいた時
  • 介護のとき

でしょうか。

 

ケツ毛が全く生えていない人にとっては全く問題にならない、気にもしたことがないことだと思いますがケツ毛ボーボーだと上記の様な困ること、デメリットが実際にあるんです。

 

 

人前で裸になるのが恥ずかしい

 

温泉や温浴施設、ジム等で着替える時に人に見られてしまう確率が高くなります。肛門周りまでは見られないにしても、お尻の表面にビッシリと生えているケツ毛はバッチリ他人の目に映ってしまいます。ケツ毛が全く生えていない人にとってはケツ毛ボーボーの人のお尻を見ちゃうことは衝撃かもしれませんね。

 

また、女性の前で裸になるときこれは夜の大事な時間のとき!お風呂に一緒に入るときなんかにバレてしまいますよね。女性が男性のケツ毛、肛門周りの毛がビッシリと生えていることをなんとも思わないのであれば全く問題ないことなのですが。彼女が濃すぎる体毛を嫌がる例は多いですからね。

 

濃すぎる体毛は好まれない傾向が強いです。

 

 

トイレのとき
硬い便やコロコロしている場合には全く問題ないのですが、問題なのは下痢や軟便のとき!ウォシュレットがあれば洗い流してからトイレットペーパーで拭きとるので楽ですが、困るのがウォシュレットが無い時なんですよね。

 

とにかく何度も拭き取らないといけないです。肛門周りはだんだんヒリヒリしてくるし毛に便が付着しているので乾いている状態では綺麗に落としきれないので不衛生な状態なんですよね。

 

 

汗をかいた時の不快感
特に夏場は汗をかきやす時期、パンツまでビッショリなんてこともありますよね。その時にケツ毛ボーボーだととにかく蒸れます!おまけに熱や湿気がこもって痒くなったり、なかなか乾燥せず不衛生な状態に。

 

 

介護の問題
自分で拭き取るなら面倒なのは自分ですが、これを他人にやってもらうとなるとこれまた大変なんですよね。介護が必要な状態になった時紙おむつの中で軟便のとき、後処理をするのはとにかく手間がかかります。

 

介護士さんや看護師さんにやってもらうわけですが恥ずかしさや申し訳なさも強く出てしまうようです。そんな介護される親の姿を見ていた息子さんが自分はこういったことにならないように、ケツ毛を脱毛しておこうと考える人もいますからね。

 

40代、50代でケツ毛脱毛に来る男性の中にはこういった理由の人もいるわけです。

 

上記の様な困ること、デメリットを気にしてケツ毛を脱毛したいと考えて脱毛を開始する人が増えています。お尻の表面の毛、肛門周辺の脱毛はメンズエステでは行っていないので、脱毛する場合にはクリニックかメンズ脱毛サロンをおすすめします。

 

男性の陰部脱毛、ケツ毛脱毛でも実績多数の男性専用脱毛サロンは実際にあります。実際に脱毛した人の写真が数多く掲載されていて、超剛毛の人もツルツルスベスベに変化しているのがはっきりとわかります。

 

詳細は⇒ケツ毛脱毛体験者のBefore&Afterの写真


ムダ毛を薄くする方法 人気の脱毛器 抑毛ローション効果 ブラジリアンワックスが凄い